-shared-img-thumb-N934_akusyusuruhutaribiz_TP_V

自賠責保険は運行する自動車に強制加入を義務付けられており、車検を通す際には自賠責保険に加入していないと自動車検査証の交付を受ける事が出来ません。

従いまして、一般的な自動車販売店で車を購入した時は、車の販売店で車検を受けて、それと同時に自賠責保険にも加入するのが普通です。継続検査の車検を受ける時には、車検を受ける所で自賠責保険の更新を行います。

ですから、車検を受ける時にはほぼ自動的に自賠責保険への加入手続きが行われますので、通常であればわざわざ自分で保険会社に出向いて自賠責保険の契約をする必要はありません。

女 右 ピンク

しかし、もし自分で車検を受ける場合等のように、自賠責保険に加入しなければならないような時には、政府から自賠責保険の業務委託を受けている保険会社や組合を通して自賠責保険の契約を行います。

損害保険会社と共済組合一覧

自賠責保険の加入に必要な書類

車検の義務がある自動車の場合は車検証が必要となりますが、原付や250cc以下のバイクなどは車検を受ける必要がありませんので、自動車検査証は不要です。

スポンサーリンク
車種 必要書類
車検が必要な自動車 車検証、自賠責保険証明書
原付 標識交付証明書、自賠責保険証明書
原付 軽自動車届出済証、自賠責保険証明書
男 右 緑

自賠責保険証明書は、以下に挙げる書類がセットになっています。

  • 申込書
  • 契約入金通知書(甲)
  • 契約入金控え(乙)
  • 代理店控え(丙)
  • 保険料領収証
  • 保険証明書

自賠責保険契約後の注意事項

自賠責保険に加入したあとに自賠責保険証明書が交付されますが、これを交付されただけではまだ自動車で道路を通行する事が出来ません。

自賠責保険に加入していない自動車を運行した場合には無保険運行として違反点数6点と1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられますが、自賠責保険に加入していても自動車に携帯していないのであれば、30万円の罰金が科せられます。

【自動車損害賠償保障法】
第三章 自動車損害賠償責任保険及び自動車損害賠償責任共済
第一節 自動車損害賠償責任保険契約又は自動車損害賠償責任共済契約の締結強制
(自動車損害賠償責任保険証明書の備付)
第八条  自動車は、自動車損害賠償責任保険証明書(前条第二項の規定により変更についての記入を受けなければならないものにあつては、その記入を受けた自動車損害賠償責任保険証明書。次条において同じ。)を備え付けなければ、運行の用に供してはならない。

第六章 罰則
第八十八条  次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。
一  第八条又は第九条の三第一項若しくは第二項(第九条の五第三項及び第十条の二第四項において準用する場合を含む。)の規定に違反した者

250cc以下のバイクは自賠責保険のステッカーが交付されますので、ナンバープレートの左側にしっかりと貼り付けてください。原付はナンバープレートの見やすい位置に貼り付けてください。

スポンサーリンク