簡易計算なので、被害者の年収が平均年収よりも低い場合は、男性・女性別の全年齢平均賃金(平成26年度)を参照しています。

被害者の状態
後遺障害等級
被害者の年齢
被害者の性別
被害者の家庭状況
被害者の家族状況
被害者の就労状況
被害者の年収 万円

スポンサーリンク
逸失利益 0

スポンサーリンク