自動車損害賠償保障法(略称:自賠法)の【第二章】自動車損害賠償責任第三条には、以下の内容の条文が記してあります。

【自動車損害賠償保障法】
第二章 自動車損害賠償責任
第三条 自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。

この条文は、他人の生命又は身体を害したときの損害賠償責任が運行供用者にあると言う事を明言しています。しかし、この時の他人については説明されていません。法律で定められていない事柄については、裁判所の判例を参考にします。

裁判所の判例によりますと、他人とは「自己のために自動車を運行の用に供する者および当該自動車の運転者を除くそれ以外の者をいうものと解するのが相当である」とされています。

⇒昭和42年9月29日 最高裁判所第二小法廷 判決 棄却 東京高等裁判所

つまり、自動車の運転者と運行供用者以外は血縁関係・婚姻関係のある身内であっても他人として扱われると言う事になり、身内が身内に対して損害賠償請求が出来ると言う事になります。

スポンサーリンク

反対に、運転手と血縁関係・婚姻関係の全くない他人が運行供用者であっても、被害者に対して損害賠償責任を負う事があると言う事です。

自賠法における他人の例

自動車の所有者があなたのお父さんで運転者があなたの場合に、お父さんを乗せて車を運転していた所、運転操作を誤って交通事故を起こしたとします。

この時のお父さんは運行供用者に該当しますので他人には該当せず、お父さんがケガをしても自賠責保険による補償を受ける事は出来ません。

しかし、この時にお父さんが自動車の所有者ではなく自賠法による他人と認められた場合には、自賠責保険の補償対象になります。

もう一つの例をあげます。あなたが車の所有者で鍵を付けたまま後部座席で休んでいた時に、心ない人からあなたの車が盗まれて、あなたが後部座席に乗っている状態で交通事故を起こしたとします。

この時に、車が盗まれた当時にドアのロックがかかっていなかったり、窓が開いていた場合にはあなたに運行供用者責任が認められると判断されるので、あなたがケガをしても自賠責保険からの保険金は期待できません。

しかし、もしドアのロックをしていたり防犯に対する措置がきちんと取られていた事を立証する事が出来れば、あなたは自賠法における他人に該当する可能性が高いので、ケガや後遺症に対して自賠責保険から保険がおりるかもしれません。

ただ、立証には証拠となる物が必要になりますので、ドライブレコーダーによる録画データや複数の目撃証言がなければ自賠責保険の保険金を獲得するのは難しいでしょう。

スポンサーリンク