傷害を負って医療機関による適正な治療を終えたにもかかわらず、傷害を負う前にはなかった後遺症が残った場合には、後遺障害の程度に応じた等級が適用されます。

後遺障害等級は1級から14級まで設けられており、若い数字ほど障害の度合いが強くなります。また、若い数字の等級ほど、損害賠償の計算を有利にする事が出来ます

後遺障害1級

後遺障害1級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 両眼が失明したもの
  • 咀嚼および言語の機能を廃したもの
  • 両上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 両上肢の用を全廃したもの
  • 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 両下肢の用を全廃したもの

上の2つに該当する場合は、自賠責保険の保険金額が4000万円を上限として支払われる事になっています。それ以外の場合の自賠責保険の保険金額の上限は3000万円です。

後遺障害2級

後遺障害2級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
  • 両眼の視力が0.02以下になったもの
  • 両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 両下肢を足関節以上で失ったもの

上の2つに該当する場合は、自賠責保険の保険金額が3000万円を上限として支払われる事になっています。それ以外の場合の自賠責保険の保険金額の上限は2590万円です。

後遺障害3級

後遺障害3級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
  • 咀嚼または言語の機能を廃したもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 両手の手指の全部を失ったもの

後遺障害4級

後遺障害4級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 両眼の視力が0.06以下になったもの
  • 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 両耳の聴力を全く失ったもの
  • 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
  • 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 両手の手指の全部の用を廃したもの
  • 両足をリスフラン関節以上で失ったもの

リスフラン関節は足の指の骨の付け根あたりにある関節の事で、リスフラン関節以上で足を失った場合は、足の真ん中から指部分にかけて失われた状態になります。

後遺障害5級

後遺障害5級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 1上肢を手関節以上で失ったもの
  • 1下肢を足関節以上で失ったもの
  • 1上肢の用の全廃したもの
  • 1下肢の用を全廃したもの
  • 両足の足指の全部を失ったもの

後遺障害6級

後遺障害6級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 両眼の視力が0.1以下になったもの
  • 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 脊柱に著しい奇形又は運動障害を残すもの
  • 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの

後遺障害6級からは、失明していなくても視力(矯正視力)が0.1以下になっているのであれば適用があります。

後遺障害7級

後遺障害7級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下のなったもの
  • 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 1手の親指を含み3の手指を失ったもの又は親指以外の4の手指を失ったもの
  • 1手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの
  • 1足をリスフラン関節以上で失ったもの
  • 1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 両足の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に著しい醜状を残すもの
  • 両側の睾丸を失ったもの

男性限定ですが、両側の睾丸を失った場合は後遺障害等級7級に該当します。

後遺障害8級

後遺障害8級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
  • 脊柱に運動障害を残すもの
  • 1手の親指を含み2の手指を失ったもの又は親指以外の3の手指を失ったもの
  • 1手の親指を含み3の手指の用を廃したもの 又は親指以外の4の手指の 用を廃したもの
  • 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
  • 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 1上肢に偽関節を残すもの
  • 1下肢に偽関節を残すもの
  • 1足の足指の全部を失ったもの
  • 脾臓又は1側の腎臓を失ったもの

失明した場合には、後遺障害8級以上が確定します。片目の視力が0.02以下になった場合も8級に該当しますが、後遺障害の等級における視力は矯正視力の事を言いますので、裸眼で0.02以下では該当しない事もあります。

スポンサーリンク

後遺障害9級

後遺障害9級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 両眼の視力が0.6以下になったもの
  • 1眼の視力が0.06以下になったもの
  • 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  • 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 1耳の聴力をまったく失ったもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労 務が相当な程度に制限されるもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相 当な程度に制限されるもの
  • 1手のおや指又は親指以外の2の手指を失ったもの
  • 1手の親指を含み2の手指の用を廃したもの又は親指以外の3の手指の用を廃したもの
  • 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
  • 1足の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  • 生殖器に著しい障害を残すもの

耳が全く聞こえなくなった場合や手の親指がなくなった場合には、後遺障害9級以上が確定します。

後遺障害10級

後遺障害10級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 1眼の視力0.1以下になったもの
  • 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  • 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 1手のおや指又は親指以外の2の手指の用を廃したもの
  • 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  • 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
  • 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

上肢の3大関節とは「肩」「肘」「手」の関節の事です。下肢の3大関節とは「股」「膝」「足」の関節の事です。

後遺障害11級

後遺障害11級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 10歯以上に対し対し歯科補綴を加えたもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 脊柱に変形を残すもの
  • 1手のひとさし指、中指又は薬指を失ったもの
  • 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器に障害を残すもの

後遺障害12級

後遺障害12級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  • 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
  • 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 長管骨に変形を残すもの
  • 1手のこ指を失ったもの
  • 1手のひとさし指、中指又は薬指の用を廃したもの
  • 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
  • 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
  • 局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 外貌に醜状を残すもの

長管骨は手足を構成している脛骨・大腿骨などの、比較的大きな骨の事を言います。

外貌に醜状を残す場合には後遺障害12級以上が確定しますが、この時の外貌の醜状とは人目に付く程度以上のものの事を指しています。

頭部ではニワトリの卵の面以上の大きさの傷跡、または欠損で、顔面部では10円以上の大きさの傷跡、または3cm以上の線状の傷跡で、喉・首がある頸部ではニワトリの卵の面以上の大きさの傷跡がある時には、外貌に醜状を残す場合に該当します。

後遺障害13級

後遺障害13級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 1眼の視力が0.6以下になったもの
  • 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 1手の小指の用を廃したもの
  • 1手の親指の指骨の一部を失ったもの
  • 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
  • 1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
  • 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの

後遺障害14級

後遺障害14級に該当する障害の程度は以下の通りです。

  • 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  • 1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  • 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
  • 局部に神経症状を残すもの

後遺障害14級に該当する障害よりも軽度の場合には、後遺症が残っていたとしても後遺障害の等級が適用されません。

スポンサーリンク