交通事故の危険性やドライバーの運転による負荷を軽減する為に、安全運転に役立つ機能を搭載したASV(先進安全自動車)が年々進化しています。主な先進技術は以下の通りです。

  1. 衝突被害軽減ブレーキ
  2. レーンキープアシスト
  3. 全車速ACC
  4. 横滑り防止装置

現在普及している技術だけでも半自動運転ぐらいなら可能ですので、近い将来で本当に完全自動操縦の自動車が発表されるかもしれません。

衝突被害軽減ブレーキ

衝突被害軽減ブレーキはブレーキ制御を行う前に、前方障害物衝突被害軽減制動制御装置に連動・搭載されているレーザーなどで前方の障害物を見つけて、衝突しそうになった場合にドライバーに対して回避操作をするように警告を発します。

障害物との衝突が避けられないと判断した場合には、衝突による被害を軽減する為に自動的にブレーキの制御を行います。衝突被害軽減ブレーキの性能は車種によって異なる事があります。

Youtubeでブレーキ性能の試験を行っている動画がありましたので、よろしければ以下をご覧下さい。

レーンキープアシスト

レーンキープアシストは、車線維持支援装置に連動・搭載されているカメラによって前方の車線を認識し、車線を維持して走行する事を必要とされる高速道路などにおいて、ドライバーのハンドル操作を軽減するように支援してくれます。

スポンサーリンク

Youtubeで自動車メーカーのMAZDAがレーンキープアシストについて解説を行っている動画がありましたので、よろしければ以下をご覧下さい。

全車速追従機能付ACC

全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、ドライバーがあらかじめ設定した速度を維持して走行できるようにする装置です。

前方に自分よりも遅い車両が現れた場合には、レーダーなどによって車間距離を感知し、前の車との適正な車間距離を取って追従走行します。

Youtubeで自動車メーカーのボルボが全車速追従機能付ACCについて解説を行っている動画がありましたので、よろしければ以下をご覧下さい。

横滑り防止装置

横滑り防止装置(通称:ESC)は、雪や雨などで滑りやすくなった路面での横滑りや急なハンドル操作によるスリップを、エンジンの出力やブレーキ制御によって安定させる装置の事です。

YoutubeでESCの開発メーカー3社による合同体験試乗会の動画がありましたので、よろしければ以下をご覧下さい。

スポンサーリンク