交通事故によって負傷者が発生した場合には、負傷者を救助する為に周囲の助けが必要不可欠です。特に、応急手当ての方法や心肺蘇生の方法を知っている方は、負傷者を助けるための大きな力となりますので、自主的な協力をお願いします。

  1. step 1 負傷者の反応を確認
    負傷者の肩を優しく叩きながら、「大丈夫ですか?」などと大きな声で呼びかけて反応を確認します。呼びかけに対して目を開けたり返答するなどした場合には、反応ありと判断して負傷の度合いに応じた処置を施します。反応が認められない場合には反応なしとして次のステップに移行します。
  2. step 2 119番通報
    負傷者に反応がない場合は、携帯電話で119番通報をして救急車の要請をしたり、大声で叫んで近くの人に応援を頼んで下さい。
  3. step 3 AEDの手配
    近くに人がいる時は、AEDを持ってきてもらいましょう。AEDは郵便局や市役所などに設置されています。地域によってはコンビニやガソリンスタンドなどでも借りる事が出来ます。
  4. step 4 呼吸の確認
    負傷者の呼吸を確認するには、胸とお腹の動きに注目します。この時、胸とお腹が動いていなければ呼吸が止まっていると判断します。また、突然の心停止直後には胸とお腹の動きが普段通りの動きとは違う死戦期呼吸と言う途切れ途切れの呼吸が見られる事がありますが、この場合も心停止と判断します。心停止の場合には次のステップに移ります。普段通りの呼吸をしている場合は気道の確保を行い、救急車が到着するまで負傷者の観察を注意深く行います。
  5. step 5 心肺蘇生
    負傷者が心停止になっていると判断できる時には、直ちに心肺蘇生を行います。心肺蘇生は救急隊員に引き継ぐまで絶え間なく続けます。
  6. step 6 AEDの使用
    AEDが到着した後は、心肺蘇生をしながらAEDを負傷者に装着させます。AEDを装着させた後は心電図の解析結果による指示に従って、電気ショックや心肺蘇生を繰り返し継続して下さい。

心臓マッサージ・人工呼吸・AEDによる心肺蘇生術

心臓マッサージ・人工呼吸・AEDの3つが問題なく出来る状態が理想的ですが、アバラが折れていて心臓マッサージが危険な状態だったり、口が裂けていて人工呼吸ができないような場合には、自分たちが出来る事だけでいいので負傷者を救護するように努めましょう。

スポンサーリンク

心臓マッサージと人工呼吸の2つで心肺蘇生ですが、理由があって人工呼吸が出来ない時は心臓マッサージだけでも構いません。ただ、心臓マッサージは力のいる作業ですので、出来れば複数人で交互に行った方が効率が良いでしょう。

AEDがあるに越した事はありませんが、ない場合には心臓マッサージだけでもいいので救急車の到着まで気を抜かずに続けて下さい。負傷者の状態にもよりますが、心臓マッサージができない場合には回復体位を考慮するようにしましょう。

スポンサーリンク