平成28年末時点での年齢層別運転免許保有者数に対して、平成28年の年齢層別交通事故件数を表にまとめました。データ参照元は以下のサイトです。

⇒運転免許統計(警察庁)(外部サイト)
⇒平成28年のおける交通事故の発生状況(外部サイト)

運転免許の種類は第一種免許である「大型」「中型」「普通」「大型特殊」「大型二輪」「普通二輪」「小型特殊」「原付」、第二種免許である「大型」「中型」「普通」「大型特殊」「牽引」です。仮免許は含まれていません。

スポンサーリンク
年齢層 交通事故発生件数(件) 運転免許保有者数(人) 交通事故発生率(%)
16~19歳 17222 945113 1.822
20~24歳 50831 4750004 1.07
25~29歳 42553 5653295 0.753
30~34歳 39094 6722145 0.582
35~39歳 39038 7613638 0.513
40~44歳 46938 9121094 0.515
45~49歳 42683 8838557 0.483
50~54歳 34641 7289860 0.475
55~59歳 31925 6759873 0.472
60~64歳 32920 6831945 0.482
65~69歳 38665 7908543 0.489
70~74歳 25322 4642828 0.545
75~79歳 18258 3038970 0.601
80~84歳 10434 1525848 0.684
85歳以上 4198 564198 0.744

16歳~19歳の交通事故発生率が最も高く、最も低い55歳~59歳のおよそ4倍近い交通事故発生率となっています。

graph_koutsuujikoritsu

これでは16歳~19歳の保険料が断トツに高くなってしまうのも仕方がないのかもしれません。

30歳を過ぎると交通事故発生率が低くなり、60歳を過ぎると徐々に高くなっていくので、高齢者の方は保険料が高くなることもありそうです。

スポンサーリンク