平成29年3月末時点での車両保有数に対して、平成28年の交通事故発生件数が少ない都道府県をランキングにしました。データ参照元は以下のサイトです。

⇒平成28年における交通死亡事故について(外部サイト)
⇒自動車保有台数 – 一般財団法人 自動車検査登録情報協会(外部サイト)

車両の種類は「乗用車」「貨物車」「乗合車」「特種(殊)車」「二輪車」の合計です。この中に軽自動車は含まれていますが、二輪車に自転車が含まれているか等の詳細な車種については分かりません。

スポンサーリンク
順位 都道府県名 交通事故発生件数(件) 車両保有数(台) 交通事故発生率(%)
1 鳥取 987 464332 0.213
2 岩手 2373 1027548 0.231
3 島根 1314 552463 0.238
4 新潟 4694 1843762 0.255
5 秋田 2177 816253 0.267
6 福井 1847 663615 0.278
7 北海道 11329 3747151 0.302
8 栃木 5484 1719859 0.319
9 福島 5802 1658894 0.35
10 青森 3740 1005726 0.372
11 富山 3466 900736 0.385
12 和歌山 2914 751594 0.388
13 高知 2193 561611 0.39
14 石川 3541 904715 0.391
15 岐阜 6646 1681079 0.395
16 三重 6038 1510215 0.4
17 茨城 10455 2591072 0.404
18 長野 8298 1897720 0.437
19 愛媛 4497 1016680 0.442
20 熊本 6151 1378650 0.446
21 宮城 7986 1698137 0.47
22 大分 4478 918766 0.487
23 沖縄 5491 1108393 0.495
24 千葉 18022 3614203 0.499
25 山口 5401 1073607 0.503
26 広島 9763 1893983 0.515
27 滋賀 5294 1024790 0.517
28 奈良 4507 833697 0.541
29 鹿児島 7474 1346978 0.555
30 山梨 4337 754961 0.574
31 徳島 3579 619826 0.577
32 岡山 8930 1533366 0.582
33 長崎 5652 949369 0.595
34 京都 8087 1336004 0.605
35 山形 6136 934909 0.656
36 神奈川 27091 4007565 0.676
37 埼玉 27816 4088320 0.68
38 東京 32412 4419010 0.733
39 群馬 13574 1792075 0.757
40 愛知 41551 5210062 0.798
41 香川 6790 783709 0.866
42 兵庫 27340 3019964 0.905
43 宮崎 9015 942807 0.956
44 大阪 37920 3747995 1.012
45 静岡 31518 2874192 1.097
46 福岡 37308 3364515 1.109
47 佐賀 7783 675328 1.152

平成28年度のデータを見る限り、見晴らしの良い道路状況になっている地域の方が交通事故の発生率は低く、反対に都市高速道路や交差点がたくさんあって視界が悪そうな地域では交通事故の発生率が高くなっています。

最も交通事故発生率が低い鳥取県と最も交通事故発生率が高い佐賀県では、発生率の差が約5倍もあります。

これらの情報について保険会社も当然知っているので、事故率が少ない場所にお住まいであれば自動車保険の保険料が安くなることもあります。

スポンサーリンク