任意自動車保険に加入する主なメリットは以下の通りです。

  • 比較的小さな掛け金で大きなリスクに対応できる。
  • 示談交渉を保険のプロと一緒に進められる。
  • 弁護士特約を付ければ訴訟になっても泣き寝入りせずに戦える。

比較的小さな掛け金で大きなリスクに対応できる

自動車事故から生じる損害賠償額は、ちょっとした事故でも治療費・入通院費・休業補償・自動車の修理費などが必要になり、10万円、20万円の費用がかかるものです。

大きな事故になればその損害額はすぐに100万円、200万円になり、深刻な事故になれば1000万円を軽く超えることもあります。

このように自動車事故のリスクは、お金に換算するとあまりにも幅がありすぎて予想することが困難です。

ですから深刻な事故を起こしたとしても賠償責任を果たせるように任意自動車保険に加入しておけば、比較的小さな掛け金で大きなリスクに対応することができます。

ちなみに掛け金は年齢や等級など様々な条件によって変わりますが、補償内容を手厚くしても1年あたり10万円程度を見込んでおけば実際の保険料が大きくずれることは少ないと思います。

示談交渉を保険のプロと一緒に進められる

示談交渉は本来、本人が相手方と一緒に進めるものであり、示談交渉の代行を他人に依頼したいのであれば無償でお願いするか、有償でもかまわなくても有償依頼できるのは弁護士だけとなっています。

但し損害賠償の早期解決をするための特例措置として、一定の条件を満たす保険会社であれば無償の示談交渉代行をしても良いことになっています。

スポンサーリンク
保険会社が無償で示談交渉の代行をしても良い条件
  • 被害者からの保険金の直接請求を認める事
  • 紛争解決のための交通事故紛争処理センターを設けること

ほとんどの保険会社がこの条件を満たしているので、最近では保険会社が示談交渉の代行をしてくれます。

但しこれにも条件があり、以下の場合には示談代行をしてくれません。

  • 保険金の給付を受ける被保険者に責任がない無責事故
  • 保険会社に保険金の支払い義務がない免責事故
  • 自賠責保険の補償範囲内で対応できる自賠内事故
  • 損害賠償額が保険金で賄えないことが明らかな保険金額超過事故

弁護士特約を付ければ訴訟になっても泣き寝入りせずに戦える

損害賠償の問題が示談で解決できなくて訴訟になった場合、こちらの主張が間違っていなかったとしても出廷の時間と弁護士相談料などのお金がその都度かかるので、不利な条件で示談を認めてしまう方がいます。

このような時に弁護士特約を付けていれば、保険会社と契約している弁護士がひとまず無償で裁判で一緒に争ってくれますし、本人に出廷の時間がなくても弁護士がひとまず無償で出廷してくれます。

ひとまず無償と言う書き方をしているのは、実際には保険の特約で保険料を支払っているので、弁護士と直接金銭のやり取りは無くても間接的に報酬を支払っているからです。

スポンサーリンク