任意自動車保険に加入していない人が交通事故を起こした時、損害賠償責任は以下のような方法でとります。

  • 自賠責保険または自賠責共済の補償範囲で損害を賠償する。
  • それでも損害が賠償できない時は自腹で賠償する。

ninninashi

まずは強制的に加入させられている自賠責保険や自賠責共済の補償範囲内で損害賠償を支払います。

⇒自賠責保険の補償額の上限

男 左 赤

但し自賠責保険や自動車共済の補償範囲に入っているのは人身事故に関するものだけで、モノの損害は補償範囲に入っていません。ですから物損事故の場合は自賠責による補償はありません。

自賠責の補償で賄いきれなかった部分につきましては自腹による賠償となります。

任意自動車保険なしで物損事故を起こした場合

任意自動車保険なしで物損事故を起こした場合、相手に与えた損害の賠償責任部分は全て自腹でとらなければなりません。

スポンサーリンク

例えば双方に過失があったとして、こちらの過失が30%、相手に与えた損害が50万円の時、30%×50万円=15万円の損害賠償責任が生じます。

15万円程度であればすぐに支払えるという人は少なくないかもしれませんが、これが50万円、100万円になってくると大きな負担となります。

物損事故は1億円を超える損害になることもあるので、任意自動車保険なしで大きな物損事故を起こしたら、と考えると恐ろしいものがあります。

⇒物損事故の高額判決事例

任意自動車保険なしで人身事故を起こした場合

任意自動車保険なしで人身事故を起こした場合、相手に与えた損害の賠償責任部分をまずは自賠責保険や自賠責共済によって賄います。

この時に賄いきれなかった部分につきましては自己負担となります。

相手がすぐに治る程度のケガなら損害賠償額はそれほど高額にならないと思いますが、後遺障害が残るほどのケガを負わせた場合は損害賠償額が一気に跳ね上がります。

⇒人身事故の高額判決事例

もし任意自動車保険なしで大きな事故を起こしてしまったらその後の人生設計が破たんする可能性は非常に高いので、自分の人生設計を狂わせないようにするためにも任意自動車保険には加入するべきです。

スポンサーリンク