crash_stress2

交通事故の損害は大きく分けて「財産的損害」「精神的損害」の2種類で、それらに紐づく損害賠償は以下の通りです。

  • 財産的損害
    • 積極損害
      • 傷害の症状が固定されるまでにかかった実費
      • 将来を含む入通院費
      • 死亡事故の場合は葬儀に係る費用
      • 物の損壊の回復に係る費用
    • 消極損害
      • 休業損害
      • 逸失利益
  • 精神的損害
    • 慰謝料
      • 入通院慰謝料
      • 後遺障害慰謝料
      • 死亡慰謝料
      • 例外的に財産的損害に係る慰謝料

財産的損害とは?

財産的損害とは交通事故によって失った、または得られなくなった財産の事です。

財産的損害には「積極損害」と「消極損害」の2つがあり、前者は財産的損害を回復するために失った現在の財産の事で、後者は交通事故に合ったことで得られなくなった未来の財産のことです。

積極損害の種類

積極損害の種類には以下のようなものがあります。

スポンサーリンク
  • 治療費とそれに係る診療費・手術費など
  • 入院・通院費とそれに係る雑費・交通費など
  • 看護・介護費とそれに係る器具費・改築費など
  • 葬儀に係る費用
  • 損害賠償請求に係る弁護士費用

ケガの治療が将来的にも必要であれば、将来にかかる費用も積極損害に含みます。

消極損害の種類

消極損害の種類には以下のようなものがあります。

  • 休業損害
  • 逸失利益

休業損害とはケガによって仕事を休まなければならなくなったことで、本来得られていたはずの給与などの所得が減少した部分の事を言います。

逸失利益とは後遺障害や死亡によって本来得られていたであろう給与などの所得が失われる部分の事を言います。

どちらの消極障害もその人の収入を基礎として考えるので、高収入の人ほど消極損害額が大きくなります。

精神的損害とは?

精神的損害とは交通事故によって受けた精神的苦痛の事です。精神的損害は「慰謝料」と言う形で精算します。

慰謝料には算出基準がある「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」の3つの慰謝料と、精神的苦痛の判断が難しい「例外的に財産的損害に係る慰謝料」があります。

算出基準がある慰謝料に関してはある程度の損害賠償額の予測がつきますが、例外的に財産的損害に係る慰謝料に関しては裁判所の判断に委ねられることがほとんどです。

とは言え判例はありますので、弁護士の方に相談すればある程度の予測を立てることは可能です。

⇒物損事故で認められた慰謝料の判例

スポンサーリンク